FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根があほ~なので 

作者プロフィールをギャグオチにしたいのだが、もう一つの根っこが「小心者」なので、至極退屈まともなものになるだろうな・・・・


だめですか?

Read More・・・

スポンサーサイト

カフェZ週末教室 

a18.jpg壊滅的な風景写真に頭を抱える今日この頃。
最近お気に入りのカフェZ で週末教室にて、コンパクトデジカメ教室が開催されるそうで、本日その講座に行ってまいりました。
カフェZ内のギャラリースペースで行われた講座は、終始和やかで楽しかったです。
授業の終わりにもスナフキン先生から特別に手作りの旅行かばん型フォトスタンドを
頂いて、大変感激しました・・・・・が、お茶の時間で飲んでたお茶をこぼすか、この大馬鹿野郎が。

その際には大変なご迷惑をおかけしました(爆)


どうしたら良い写真を取れるかについて、個々のケースについて教えていただきましたが、写真のセンスを磨くには

名画をたくさん見る

事が重要だそうで、私も実は建物の写真の一部は、カッサンドルの影響を受けてますがな。

人形も、造形の精密さは量をこなしていけば、ある一定のレベルに達することが出来ますが、「魅力」といったものはやっぱりいろんな良いものを見たり聞いたりして、己も磨かいていかないとだめなので、「名画をたくさん見る」は、参考にいたします

しかし、最近はガラスとか陶芸とかぐらいしか見てないんですが(爆)
うちの県は、印象派とか印象派とか印象派とか、びっみょ~に地味な正統派の画家しか来ないんですけ~ど・・・
個人的にはもうちっと有名どころのあばんぎゃるうどぅ~な系列の有名どころが見たいんですがぁぁぁぁ

上と下は、講義後に行われた実習でとった写真の中でよかったもの。
上の写真は、実習で発表したものは縦写真だったんですが、こっちのほうが「講座」のイメージにあっているので、
たぶんデジカメの半押しを使いこなせていないので、被写体が複数になると、途端にぼけた写真を撮ってしまう己は、1点集中型

a17.jpga16.jpg

Read More・・・

某のカスタマズフィギュア 

スーパードルフィーより手ごろな値段だし、球体間接っぽいのと、アクリルアイを入れられそう(?)なので「カスタマイズフィギュア」でも買っていじくろうと思ったのですが。

ピンバイスで穴開けて、組み立てかよ

某は、何か根本的なマーケティングを見誤っているみたいですね

素人がピンバイス以下穴あけの道具で、硬い胴体に穴空けられるか??

ポリパテで簡単に改造できるピンキーのほうが流行るわな
パテ系の粘土なら、ホームセンターにいろいろあるし

で、カスタマイズフィギュアをカスタマイズしたサイトがあるのかと検索しましたが、どうも見つからず。
某で予約された方って、何に使っているのか、と不思議に思う今日この頃でした

なんか中途半端にフィギュアのめんどくさい作業が残っているわ、カスタマイズを謳っているわりに、自由度が少ないわ、ドールみたいに服が必要なところとか(以下略)

Read More・・・

開運財布の分際で 

「また、ドラゴンボール?」と人は言います、「コーチとかそのあたりのブランドバッグにすれば」と同僚は言います。
ですが、

たとえ高級な材料を使っていて堅固でも、一生使えるスタンダードデザインでも、お前んところの広告塔になるつもりは無い

まぁ、確かに手の届くお値段のブランド物のバッグとかありますけど、あの表面一面に飾る「C」とか「C」とか「モノグラム」とか「ぴんきーあんどほにゃらら」とかとにかく苦手なわけでして。
デザインがシンプルで色が綺麗なんだけれど、でっかく「プラダ」のロゴが入っていた小さなトートバッグを見た日には、やっぱりごめんなさいと思っちゃいました。

「あのロゴには宣伝効果も狙っているんです」、なんて話らしいのですが、まったくもって余計なお世話だと思います

というわけで、ごるちはロゴデザインがうざいほど大きかったり、一面に散っているわけでもなく、ただドラゴンプレートはいくらなんでもねじ2本で止めるなよ、というのはあるけれど、バッグのデザインもシンプルで何より収納にすぐれているので、お気に入りです。
ドラゴン柄も、かわいいやん(笑)

Read More・・・

近場deあーと? 

ひ○まにカモられ~の、後継の回る多国籍料理屋は、違法就労で経営者が捕まった、町おこしの期待を出鼻でくじくベイエリアのあの店。
さらに後継には、市内の焼肉屋と市外のランチをやってるパン屋が入るって、本当に人を呼ぶ気があるのかと首をひねる、私たちの○野。

別にたいそうな店じゃなくても「マック」でも良いってさ<あの店

そんな愉快ではらわたの煮えくり返るT市ですが、ベイエリアやレイクサイドはおしゃれなカフェがオープンし「カフェの多い町」と認識されています。
なんでやねん
山々に囲まれ田園風景が続く何も無いわが地区も、最近は色々と面白いものが出来ているようです

そんなおしゃれ(?)なものを求めて、探索?してみました

susiesusie

海外より本場ヨーロッパのニューパイン、オールドパイン、アンティークパインなどの家具(チェスト&カップボード,テーブル,椅子)照明、アンティーク雑貨、キャンドルなどを取りそろえました<susieより>


とりあえず、ここのDMを見ても地図を見ても、目印の工場の看板を頼りに行くと、絶対道を見落とします(爆)
もんのすごーい路地みたいなほっそい道に入らないとだめなのですが、まだわかりやすいほう

お店は、大きな農家の焼いた板壁の納屋っぽいところを改造していまして、なんだか不思議な感じがします
たまねぎを、軒下に乾してあったのが、不思議な光景でした

まつこに似合いそうな、ヨーロッパの白いオーガンジーのワンピースをこちらのお店で発見しました。
しかし、後日まつこを連れて訪問しましたが、試着させると肩が足りなくて購入をあきらめました・・・・。
サイズが合いそうだったのですが、さすがに人間の子供用、肩幅が足りなくて、残念
しかし、人形って服を変えるだけで印象が変わりますね。
かわいかった~(親馬鹿)

ギャラリーいのうえギャラリーいのうえ

susieの店員さんに場所を尋ねると「木目公民館から北の方向に歩いて、かやぶきの屋根の家」と、『北がわからんのんじゃ』と逆ギレしそうになったほどわかりにくい場所にあります。
看板は無論無し。
もちろんインターネットでの検索では、かろうじて電話番号のみ引っかかるという、「やる気あるのか、コラ」な場所にありました

しかし、ここで思わぬ事実が発覚したっ!!

なんとこのギャラリーのオーナーは、親子ともども「知り合い」の方でして、親に至っては『昨日、某所にて会った』だとぉぉぉぉ!!??

ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

作品を見るには、ある意味もっとも落ち着かない場所でした

ところで、6月に教室の生徒展を倉敷で行いましたが、今回紹介した2つのお店の方々も、ご来場されていました、ありがとうございました。
ギャラリーいのうえのオーナーさんには、もうバレてるしと、「まつこ」と「一瑚」の写真をお見せしたところ、「10体完成すれば個展を」と、ありがた~いお言葉を頂戴しました。

3年で2体なら後10年は待たせそうですが、それまでに保つかなぁ、色々と(遠い目)

Read More・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。