FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人体の不思議展に行ってまいりました 

syougatu.jpg正月飾りよりお知らせが目立つ正月の2日間の最長移動範囲が、寝床からお手洗いまでという自堕落かつお金の使わない日々を過ごしていましたが、いかがでしょうか。

本日は念願の「人体の不思議展」へ、友人と行って参りました。

「人体」といえば、相変わらずうちのブログの検索ワードでは「人体標本」と共に安定かつ多数を占めておりますが、「本物の人体標本」をブログで取り扱うのは、始めてです(インフォメーションは除く)。

hitoooi.jpg暇人入場者多数先ほど「入場者数5万人」とアナウンスされたり、また3-5passで前売り券並に安くなることもあって、「人体の不思議展」は、午後3時の入場でも人が多かったです。
輪切りの「全身断面図」は、人のいない瞬間を狙わないと、長蛇の列の最後尾でかなり待つことになります。

しかし、「午後3時~午後4時30分」に入場券売り場に携帯電話を提示と言ってる割に、利用人数を制限していたような気がするのですが、それはいいの????<3-5pass

また他の展覧会にはない、遠くでお子様の泣きじゃくる声が2、3回ありました。
保護者様、たぶんそれはおびえて泣いていると推測されます。
トラウマにもなりかねないので、とっととご退場なさったほうがよろしいかと(昔、怪獣の像でしばらくトラウマだった奴より)

人形製作者の端くれとしては、骨格や筋肉標本を見ることはとても有意義でした。
本や写真の資料では、「鎖骨」と「肩甲骨」の繋がりが理解しがたいので、かなりいい加減に作っていましたが、今回ようやく解決しました。
上腕の骨や大腿骨などの直線的な骨は、表面はつるつるでまっすぐかと思っていましたが、ねじれや凹凸がありました。

最後に「人体の不思議展」のグッズを見ましたが、もう少し生地が厚ければ、骨格図のTシャツを買っていたところでした。
お金があれば、「人類の進化」(ネアンデルタール人から原人までの4つの頭蓋骨の貯金箱)は絶対買う。(文無し)

sisou21.jpgチケット私はグリーティングカードを2枚ほど購入しましたが、これがなんつ~かこ~、別に標本に芸術的な物を入れなくてもよいだろっつ~、ノリノリなカードです。

「骨格標本」は、「メメントモリ(死を想え)の写真」といえば、まぁ通じるような写真ですが、塀をバックに腰に手を当てて立っている「人体標本」はのり過ぎだ。
しかもこの標本は、人体の不思議展ではいろいろとメディアに露出している君で、チラシにも大きく腕を広げて立っていますが。

購入しなかった他の写真も、オブジェのように配置されている「脳」や、赤い布の上に置かれえいる「心臓」も捨てがたかったのですが、少々面白みにかけるので。

つか、何に使うんだよ、これ???

他にも心臓・脳キーホルダーとか指のボールペンとか、ああ最近はこういうのがはやっているねぇ、という代物が大量にありました。
ノリの良すぎること。

<骨格標本と解剖図の苦手な方はご遠慮くださいグリーティングカードが下にあったり>

この下の写真の画像が悪いのと花柄バックがみえるのは、仕様です。

<今回買ったグリーティングカードと「人体の不思議展」での正しい展示姿>




スポンサーサイト

Comment

Comment post















管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
http://fleance.blog23.fc2.com/tb.php/145-ed6d48eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。