FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひな同窓会で市松人形をみましたそのいち(グラスアイ有ります) 

a0.jpg昨日、「おひな同窓会」へ市松人形を見に行きました。

「商店街のおひなさま大集合」ということで、一般家庭で眠っていたひな人形を持ち寄っての展示会でした。
しかし「いちまつこ」作成中なので、個人的にはひな人形よりはひな壇の横に飾ってある「市松人形」のほうが、メインということで(笑)

市松人形も目にする機会といえば、「銘」のあるものを「本で」とか、ここ近年の作家のものを「販売会場」で見る程度なので、今回の普通の民家に眠っている市松人形の展示は、いろいろと興味が尽きなかったり

写真が悪いのは、カメラのシャッタースピードが遅いからです(爆)
新しいカメラが欲しくなった瞬間。
でも中古屋での2005年製カメラなんかいらねぇがな
人形の作成年代とかは「推定」なので突っ込まないように

たぶんここ最近の市松人形(だと思われる)
球体間接人形等の創作人形の影響か、最近の市松人形の顔はモダンになりましたね。
ツインテールの市松人形とかいますね

きっと暗闇に置いていても「襲ってくる」ことは無いかんじ。
これはこれでよいのでしょうけど

a4.jpga5.jpg
【写真が悪いけど同じ子】



a8.jpg
ひな壇についてる説明から、明治時代?だと思われるもの
お着物も、お母様手縫いらしい

市松人形といえば、こういう古典的な顔が一般的ですよね、出張先に「市松人形にそっくりの子がいる」といってはばからない女がここにいますが、こういう古典的な顔でした。
何でおかっぱ、着物で来ない(苦笑)


a1.jpg
いつの時代か不明
市松人形といえば、上の「古典的な顔」を思い出す人が多いのですが、展示されてる人形の中で一番多かった顔のタイプが、これ。
こういうのが、普通に昔の手に入れられる市松人形なんですか??

小鼻ないよ、顔の凹凸ないよ、顎のつくりがおそろしいよ、でさんが取れてないのに、誰かに似ているよ

上の子よりも、こっちが暗闇で襲ってきたら、絶対失禁する(断言)

スポンサーサイト

Comment

Comment post















管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
http://fleance.blog23.fc2.com/tb.php/182-d43ef0f6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。