スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎郁子人形展に行ってまいりました 

宮崎郁子先生の人形展に行ってまいりました

<場所>
ビルの3階のギャラリーで行われていまして、人形展を知らせる看板は立っているのですが、車で走っていると見ずらくて、見落とします。
街路樹もあるので、気をつけてください。
駐車場らしきところはあります

こちらでご紹介しましたように、宮崎郁子先生はとても気さくな方で、前回もそうでしたが、私が人形制作に携わっているということを見抜かれて、人形製作者としての貴重なお話をさせて頂きました。
私もただいま、巨大化する等身大になりそうな人形の目について、貴重なアドバイスを頂きました。

エゴンシーレの絵画を元に、シーレの人形を制作されているのですが、ご本人の人形のほうが、元の絵に比べて男前です(笑)
どうやら時間がたつにつれて、シーレの絵では天然パーマ?だったところが直毛になっていまして、余計に男前度が上がっていました。
やはり人形は、製作者の理想が出てくるものですね。

「家族の絵」のシーレの大きさは2メートルありまして、迫力あります。特に後姿の筋肉や骨格は参考になります。
球体間接人形じゃないので、搬入はどうするのだろうと思っていましたが、「何とかギャラリーに入る」そうです。

いろいろと人形についてを解説して頂き、ありがとうございました。
次回の人形展も楽しみにしています。

<もう少し解説したいと思います>

スポンサーサイト

Comment

Comment post















管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
http://fleance.blog23.fc2.com/tb.php/58-fb0e0bb6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。