スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もりきよくん 

穴があいています先週の日曜日、胡粉塗りのワークショップでした。
それまでにもりきよ君を完成させるつもりでしたが、なんにせよ始めての15センチ、等身大級の頭に粘土の乾燥の遅れによる、作業の遅れ。

さらにワークショップに出掛け30分前から、「鼻」の神様のご降臨(笑)によって、鼻の造形のがりがりやり直しと、あえなくもりきよくんへの胡粉塗りの人体実験はできなくなりました。

しかし、もりきよ君って、顔「リアル」なんですかぁ~?(アホ)

ワークショップでも友人にも「リアル」「リアル」と言われます。
自分、最初の写真で「ぶさいく顔」だと思っているだけに、はてと首をひねり中。

ワークショップで隣だった方に「踊りの教室で一緒に踊りを習っている方の横顔にそっくり」とのお言葉を頂きました。
さらに「化粧をするととても妖艶になる」方だそうで、本人多少困惑気味でございます。

友人にも「リアル」だと言われましたが、この顔は「美術解剖の本を見る」「自分や他人の顔の陰影をたま~に観察」する程度で、清春氏の顔も、参考にした写真モデルもいません。
もりきよ君は、唇の造形が製作した他の人形に比べて「でかい」だけであって、清春の顔がモデルでは無いです。
一回ちらっと、清春「化粧が薄くなったね」写真を見たけど、顔の凹凸がわからなくて造形の参考にならなかったし(爆)

そんなこんなでもりきよ君を友人に見せた日、本屋の某雑誌に槙原サイさんの間接人形の写真が掲載されていましたので、観察しましたが

うっそ、あんなデフォルメ入った小鼻で、ええんか(槙原サイさんごめんなさい)

確かに、自分なにか違う路線を歩んでいるようです・・・・

たぶんリアルに見えるのは、まだデフォルメできるところまでのテクが無いので、みたまんま作っている(つもり)からだと思います。

さらに「人形は願望が出る」と言うことでして、鼻の低いうちの「一族の願望」が出ているのか、親にも「鼻だけは巧い」とのお言葉を頂いております・・・・

友人には「子供が怖がって泣きそうな顔」とも言われましたし、とりあえず今後の目標は

目指せ子供が泣き叫ぶぐらいのリアル人形

それ絶対何か間違っているって!!
・・・・・・・何か目標を見誤っているようです・・・・

先生、道を誤っているようであれば、修正お願いします(はふ)


で、成長の記録(グラスアイの苦手な方はご遠慮ください)

<人形教室当日の顔>
なんとか目と目の間を広げて、頬骨とか作りたい

mae.jpg maemae.jpg
【穴があいています】


先生から「こめかみに開いている『穴』が怖い」とのお言葉を頂きました
スポンサーサイト

Comment

一灯どの
わしは、もりきよクンの顔すきなんだけどなー。
ていうか、一灯どのが創る独創的な顔が良いです。
一目みて「あ、これは一灯どのの人形だ」とわかるところがヨイ。
そういう個性がもう出てきているってすごいな、と思う。私はまだ自分が何処を目指しているのかさえワカランです、ただ、「巫女系&ザシキワラシ系」を目指している(それってバケモノ系かよ)のは、確かでござる。

あの、こめかみの穴、けっこうスキだったんだけど。
(悦子人形ぽくてー)

次回の 鼻の神降臨、お待ちしております。
また写真みせてねー♪

Comment post















管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
http://fleance.blog23.fc2.com/tb.php/86-078d18b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。